坂本 晋二

sakamoto_01

青山学院を卒業後(同期に歌手の槙原)、友人の紹介で水商売を始める。(横浜JJクラブからスタート)

2年で店長、そして人材開発部長(JJ,BEPPIN,プリンセスの全てのコンパニオンを管理すると、最盛期140名程)となり、求人原稿も作成するセクションに加わる。(この頃、同時に私自身がサンケイスポーツの取材も受ける)

自身が原稿作成時以前は、月10名前後だった面接者が、自身が作成担当になると多い時で40人程になり、他社がそれをまねて求人を作るほどになる。会社在籍の15年でのべ5万人以上のコンパニオン面接とカウンセリング、そして管理統括を行ううちに、
不幸の原因は親との関係(原体験)によるものとが多いのではないのかと考える

丁度そのころ、仕事のストレスから入院して血圧が最大で50台まで下がったときに、不思議な体験を味わう。

退院後も、オーナー社長との人間関係に悩み、そして、その途中に真我開発講座に出会う。
この時、入院して起きた不思議な体験と同じような感覚が起こったため、真我の存在の確信と、今後の人生における真我開発を追求しようと決意。

その後、会社を退社して、北陸で出張エステをオープンする。ラッキーなこと(封筒事件、プログラム事件、追っかけ事件、松井事件)が重なり、楽しいお客様との出会いと順調な売り上げがあるが、会社を譲り横浜に帰ってくる。


現在は、介護施設で働きながら、真我と介護の結びつきをテーマに真我を他の友人とともに広げる活動を行っている。